主将退任挨拶

2017年度におきまして、女子バスケットボール部の主将を務めさせていただきました、寺本菜摘です。

今期のチームは、上級者をはじめとして怪我に悩まされるプレーヤーが多く、後輩には迷惑をかけてしまう時期もありました。ですが、秋のリーグには、何とか全員で試合に臨むことができ、目標であった一部3位という結果には大きく及びませんでしたが、練習してきたことを出し切り、全員が大きく成長できたと感じています。

今年度のチームは、4年生が実習や怪我で参加できない時期が多い中、腐らず、前向きに練習に取り組む下級生が多く、試合もそういった後輩たちに助けられました。新チームはそういったメンバーが主体になるので、きっと素晴らしいチームになると感じています。

今年度も、外部コーチの冨浦さん、トレーナーさん、OBOGのみなさんの応援、ご支援がありまして、我々4年生は悔いを残さず引退することができました。

来年度のチームはより一層のご支援を賜えればと思います。

どうぞよろしくお願いします。